妊婦におすすめの化粧水ランキング|敏感になりやすい肌に負担をかけない化粧水

妊婦でも安心して使える化粧水の選び方

妊娠中の化粧水選び3つのポイント

肌荒れをケアできる成分が配合されているもの
妊娠中の方はホルモンバランスが乱れやすいので、肌荒れを起こしやすいです。ですから、常に炎症を抑える成分が配合された化粧水を使うのがベストです。肌荒れとして症状に表れていなくても、肌内部では炎症を起こしている状態なので、しっかりとケアすることが大事です。
肌のバリア機能を高める成分が配合されているもの
妊娠中に肌トラブルが多くなったと感じる方は、肌のバリア機能が低下している可能性があります。バリア機能の低下は様々な肌トラブルを招く原因となりますから、産後に肌がぼろぼろにならないためにもバリア機能を高めるケアをしておくことをおすすめします。
コラーゲンを増やす成分が配合されているもの
バリア機能が低下しているということは、外部刺激を受けやすいため、コラーゲンがダメージを受けて変性してしまう可能性があります。また、妊娠中は胎児に栄養を送るため、コラーゲンを生み出す力が衰えてしまうことがありますので、コラーゲンを増やすためにしっかりと補うケアが必要となります。

妊婦におすすめの化粧水ランキング

順位 商品名 特徴 商品詳細

アヤナス
肌荒れケア:◎
バリア機能向上:◎
コラーゲン生成:◎
肌が敏感になりやすい妊婦に最適
敏感肌の方のために作られた化粧水なので、ホルモンバランスの影響で肌が敏感になりやすい妊娠中の方に最適です。炎症を抑えるコウキエキスやバリア機能を高めてくれるヒト型ナノセラミドを配合しています。さらに、コラーゲンの生成をサポートするCVアルギネートを配合するなど、妊婦に必要な成分が全て揃っています。
アヤナス

米肌
肌荒れケア:○
バリア機能向上:◎
コラーゲン生成:○
セラミドを補うことができる
肌のバリア機能を高めるのに欠かせないセラミドを作り出すはたらきをもつ「ライスパワーNo.11」を配合しています。また、コラーゲンを生み出す力を高めるために、乳酸Naとグリコシルトレハロースという高い保湿力を持つ成分を配合しています。
開き毛穴、でこぼこ、黒ずみ...。毛穴の悩みは、年齢による潤い不足が原因!

ヒフミド
肌荒れケア:△
バリア機能向上:◎
コラーゲン生成:○
ヒト型セラミドを配合
通常のセラミドと比べて3倍の保水力を持つヒト型セラミドを高濃度で配合した化粧水です。セラミドはバリア機能を高めるはたらきを持っているので、バリア機能が低下しやすい妊婦にとって必要不可欠です。ヒト型セラミドは人の肌に存在するセラミド度同じものなので、浸透性に優れています。
【小林製薬】ヒフミドトライアルセット

シルキーモイストローション
肌荒れケア:△
バリア機能向上:○
コラーゲン生成:○
12種類の保湿成分で潤いアップ
バリア機能を高めるセラミドを3種類配合した化粧水。また、不足しがちなコラーゲンを補うために、ナノプラチナコラーゲンが配合されています。ナノプラチナコラーゲンは分子がとても小さいので、浸透力に優れていることが魅力です。肌荒れをケアする成分が配合されていないのは残念です。
シルキー モイスト ローション

セラミディアル
肌荒れケア:◎
バリア機能向上:△
コラーゲン生成:△
肌荒れケアに効果を発揮
ローマカミツレ花エキスやカミツレ花エキスなどの炎症を抑える植物エキスがたっぷりと配合されています。ですから肌荒れを起こしやすい妊娠中の方におすすめできます。ただし、バリア機能を高める成分とコラーゲンの生成をサポートする成分が配合されていないので、そこはちょっと残念です。
セラミディアル

妊婦に最もお勧めしたい化粧水はこちら!

妊娠中の方に最適なのは「アヤナス」です!

肌荒れを徹底ケアできる
⇒ 肌内部で起こる微弱な炎症を抑える「コウキエキス」をたっぷりと配合しているので、肌荒れを徹底ケアすることができます。肌荒れを繰り返しがちな妊娠中は継続して使用することをお勧めします。
肌のバリア機能を高めてくれる
⇒ 肌のバリア機能を高める「ヒト型ナノセラミド」が配合されています。バリア機能が高まることによって、肌トラブルが起こりにくくなるので、産後に肌がボロボロになる心配もなく、むしろ妊娠前よりもキメの整った肌に導いてくれます。
コラーゲンの生成力をアップ
⇒ コラーゲンの生成をサポートするCVアルギネートを配合しているので、ダメージを受けて変性したコラーゲンを復活させることができます。肌になりがないと感じられる方に、特におすすめです。


妊婦に必要な成分が全て揃っているのは「アヤナス」だけ!